トップイメージ グローバルマップ

導入に際して

グローバルGAP認証取得の取組は自らの経営の見直し、改善につながります。

グローバルGAPに取り組むことは、経営のリスクを小さくしていくことになります。

国際標準を取得するということは

“国内”目線ではなく、“国際”目線で物事に対処していくということです。
これから世界へ向け販路拡大を考える時、これは重要な視点です!

グローバルGAP認証取得に向けた取り組みは “己を知り、世界を知る” 取り組みです!

高校生もグローバルGAP認証にチャレンジし取得しています。新しい未来はグローバルな視点から始まります。

認証制度について

グローバルGAPは認証機関の審査員が生産現場で審査を行う【第三者認証】です。

認証機関は、認定機関によって企業や農家と利害関係がないことや、
審査員の資格要件が満たされているのかなど様々な角度で認証された上で認定されています。

  • 自社で生産物や製品を確認する ➡ 第一者認証
  • 取引業者など利害関係のある二者間で行われる ➡ 第二者認証
  • 認証機関などの第三者による ➡ 第三者認証

グローバルGAP認証取得までの流れ

〈外部からの指導を受けない場合〉※取得までに概ね1~2年程度

フローチャート

〈外部からの指導を受ける場合〉※取得までに概ね1年程度

フローチャート
戻る